<月心会 高田小支部> 

 琉球少林流空手道月心会総本部、高田小支部は平成28年(2016年)4月10日に宗家岡田先生より道場開設のご許可をいただき、NPO法人として横浜市立高田小学校の体育館を道場としてスタート致しました。

 現在、師範1名、師範代1名、準師範代1名の指導員がメインに稽古を担当しています。港北高田支部同様に時折、他支部からも指導員が稽古の指導に駆けつけて下さったり、門下生が出稽古に来てくれます。指導のメインは空手、護身術、古武道です。

 小学校の体育館ですので、空手の稽古を行うには十分な広さがあり、空手の稽古以外にも、ランニングをしたり、目一杯距離をとって移動稽古をしたりと、通常の道場の稽古では出来ないようなことも行ったりします。また天井が高いので、古武道の六尺棒の稽古を思う存分行ったりとメリットもあります。

 夏は暑く、特に冬はとても寒くなります。冬は床も冷たくなるので、空手の稽古は裸足でするのが習わしですが、凍てつくように寒い日などは上履きを履いて、上着などを羽織って怪我をしないように工夫します。稽古は日曜の夕方に行いますが、夏場はドアを一杯に開放して風を取り入れながら稽古を行います。稽古の合間や終わった後に自然の涼風に当たるのはまた何とも言えない爽快感があります。小学校ですので野球やサッカーチームの子供たちが練習後などに時折見学に来てくれます。昨年(2016年)には要請がありまして、一般の方向けの護身術講習会を2回実施致しました。※詳しくは高田小支部ブログをご覧ください。

  稽古は通常、月3回です。第2、第3、第4日曜の午後3:45より5:30まで稽古を行います。学校行事などでイベントなどがある場合はお休みになります。随時、当HPの練習予定日に反映させていますので、ご確認下さい。

 

【稽古日】第2、第3、第4日曜(月3回 ※学校行事などでイベントなどがある場合はお休みになります。練習予定日を必ずご確認下さい。)

【稽古時間】午後3:30集合、3:45-5:30  空手(基本・型・ミット・組手)、古武道、護身術